安心して暮らす為鍵屋に防犯対策としてダブルロックを依頼する利点と留意点

ダブルロックはメリットとデメリットがあります

あらためていうまでもなく、対策を講じてもなくならない代表的なものに空き巣の被害対応があります。大勢の方が、空き巣の被害の防犯対策としまして、鍵屋に依頼して、鍵を2つつけるダブルロックを検討することになります。鍵屋に依頼して玄関の鍵を2つセットすることは、防犯対策としては非常に効果のある方法といえ、安心して生活ができます。しかし、鍵を2つセットすると、有利性もあればデメリットも見受けられるということを想定しなければいけません。

ターゲットにされにくいというメリット

空き巣犯につきましては、ほとんどの場合空き巣にはいり込む前に事前調査をします。家族構成、あるいは出入りする時間帯などを確認し、入り込みやすい家を狙うことになります。鍵屋に依頼して玄関の鍵を2つセットする場合、ターゲットとして除外される場合が多いというアドバンテージがあります。鍵が2つあるという状態は、居住者が注意をはらって、他にも多くの防犯対策を行なっている可能性を考えるためです。仮に、厳重な対処を行なっていれば、捕まる可能性が上昇します。まず第一に、ターゲットとして狙われづらいという利点があり、このことにより安心して生活できます。

不正解錠の防止と主なデメリット

鍵を2つセットするもう一つのメリットとしまして不正解錠の阻止があげられます。玄関の鍵に関しては不正解錠、あるいはこじ開けに因る錠破りより壊されて、不法侵入されます。不正解錠を断念するのは、おおむね5分とされています。玄関の鍵を2つ取りつければ、自明のことですが倍の時間が必要とされますので、不正解錠に時間がかかります。10分オーバーも玄関先において疑いたくなる動きをしていれば、居住者が留守という形でも、近所から通報されてしまう確率が高まることになります。人間と人間が支え合っている世の中、隣の玄関において見知らぬ人が行ったり来たりしているだけでも、何かにつけ心もとなさを感じるのが通常でしょう。そのため2つの鍵を付けると、空き巣に入られる確率を低下させることができます。一方、鍵を2つつけるデメリットとしまして、あらためていうまでもなく、鍵を2つ開けたり締めたりすること煩わしいことです。鍵を解くのは、1分も必要ではありません。しかしながら、何でもかんでも省エネの時代ですから時間も同じことが言えます。時間に追われている現代人は、1秒でも無駄にすることはできません。このことによって鍵を2つセットしても、結局のところ面倒と化して、1つのみしか締めないといった結果になってしまうことも可能性としてあります。しかしながら、メリットであるターゲットにされにくくなることは大きいので、安心して生活する上でダブルロックは有効と考えられます。